耐震補強とは?

太平洋プレート、東海大震災、富士山噴火等、地震災害の不安をあおる言葉は常々耳にしますが、最近その言葉に信憑性が増してきました。
大きな地震がいつ起こるか分からない状況になっています。阪神・淡路大震災で亡くなった人の8割以上は、建物の倒壊が原因でした。日ごろから家の安全を確認し、必要な備えをすることが大切です。

耐震補強概要

耐震補強の補助

山梨県では平成17年度から市町村と連携し、木造住宅の耐震改修事業を実施しています。これは、一定の条件のもと、一定の基準を満たす耐震改修工事に対して補助するものです。
補助金は市町村から交付され、補助金の額は市町村によっても異なりますが、概ね耐震改修工事に要する費用の2分の1以内かつ60万円が上限となります。(県はその市町村に対して補助します)

●補助の対象
昭和56年5月31日以前に建築されたか建築中だった木造軸組住宅で、次のすべてを満たすもの。
 ・2階建て以下のもの
 ・自分で所有して住んでいるもの
 ・市職員が行う簡易耐震診断(無料)を受けたもの

※耐震補強工事は、各市町村に登録した耐震改修工事登録者が行うものに限ります。

●補助の対象となる耐震補強工事
簡易現地診断や精密診断の結果、総合評点1.0未満(地震で倒壊する危険性が高い)と判定された建物を補強し、総合評点1.0以上(安全な状態)にするものです。筋交いや合板などの耐震材を使い、1階部分の壁・柱の補強や新設をします。

●補助額
1.簡易現地診断=3万円のうち2万円を補助
2.精密診断と改修計画の作成=5万円のうち2万5千円を補助
3.工事図面の作成=12万円のうち6万円を補助
4.耐震補強工事費=工事費の1/2を補助、上限は50万円
5.工事監理=3万円のうち1万5千円を補助

※耐震補強以外の工事費は、補助の対象になりません。


●耐震補強工事費用の目安
延べ床面積約100平方メートル程度の2階建ての家で、100〜150万円ぐらい掛かります。
壁の老朽化が進んでいたり、柱や土台が腐っていたりすると、費用は高くなることがあります。

●現在補助を実施している山梨県内の市町村
甲府市・富士吉田市・都留市・山梨市・大月市・韮崎市・南アルプス市・北杜市・甲斐市・笛吹市・上野原市・甲州市・中央市・市川三郷町・富士川町・早川町・身延町・南部町・昭和町・西桂町・山中湖村・鳴沢村・富士河口湖町(23市町村)

詳しくはお住まいの市町村役場までお問い合わせください。

ページトップへ
Copyright (C) 無料テンプレート005 All Rights Reserved.